kaneoya

金親美和

金親美和   カネオヤミワ

神聖・幻想・シュールレアリズム‥
抽象的なモチーフを具象的に描くことをテーマとしている。
実家が呉服屋のため、幼少時より和の文化に数多く触れ、作品のベースになっている。

美容関係、訪日外国人向けのフリーマガジンへのイラスト提供、
公共機関の広報物デザインなども手掛けている。 ​

【活動歴】
1992  新潟日報美術振興賞油絵部門受賞
1994/3 武蔵野美術大学卒業後、東京のアンダーグラウンド&クラブシーンで絵描き・映像活動等に携わる
2001~ 4年間アートの武者修行のため渡米
2003/6 個展 北方文化博物館屋根裏ギャラリー(新潟県)
2003/10 個展 GALLERYeSIESTA(東京都)
2004  第46回新潟広告賞ポスター大賞 受賞
2006  新潟県 北方文化博物館に於いて、ティールーム「DAhlia」をプロデュース
2009/4 個展 金親美和展『人体にひそむ7つのポイント』 Cafe Hi famiglia(東京都)
2017/3 グループ展『SAKURA PINK展』 MDP Gallery(東京都)
2017/6 個展『水のチャーム』 LUSSO CAFE GALLERY HARAJUKU(東京都)
2017/6 グループ展『東京100人展』 MDP Gallery(東京都)
2017/10 グループ展「ペーター佐藤が描いた『巴里映画』原画展」 MDP Gallery(東京都)
2017/10 グループ展「フラワーガーデン展」 ギャラリー21(東京都)

Web:https://www.treble-clef.com/
参加企画展:FRANCE CINEMA EXHIBITION ペーター佐藤が描いた「巴里映画」原画展
展示店舗:MDP GALLERY